mono-graphy

「オーガニック感のない田舎暮らしブログ〜」。

バルミューダ 電気ケルトの欠点?? 買ってみた

なんだか買い物ばかりしていますが いいもの買うとウキウキしますね。

最近買ったバルミューダ、結構いいです。  電気ケルトなんかは家電の中でも手頃。1,000〜5,000円で大体揃う。高くても8,000円くらいですかね? でも、そんな商品群に一際目立つ価格帯のBALMUDAのケルト

f:id:fu-kung:20180626234646j:plain
ちょっと高い買い物だったかな。。。と思っていたけど、到着後箱をみて期待感上がる

f:id:fu-kung:20180626234659j:plain
箱の中身はシンプル。

f:id:fu-kung:20180627000103j:plain
コンセントコードも巻き収納ができる細部までデザインされている。

f:id:fu-kung:20180627000341j:plain
容量は0.6ℓ

0.6ℓということで、ポットの蓋を開いて中を覗くとMAXラインが結構下の方にありました。 ポットの容積MAX目に水を沸かしたどうなのか。。。色々と実験してみたら0.6ℓ線を越えてお湯を沸かすとお湯が溢れるました。 「やっぱりね」なんて笑いながらテーブルを拭き取ることに。 

まぁ、線を超えないように気をつければいいだけなんですけどね。

細いノズルから丁寧にお湯を注ぐ。いつものケルトとは一味も二味も違う、丁寧な時間を楽しんでいます。