mono-graphy

「オーガニック感のない田舎暮らしブログ〜」。

君の名は。聖地の「蕎麦正なかや」ー飛騨古川

飛騨高山のお隣、落ち着きのある街並みが今も風情の残る飛騨古川のお蕎麦屋さん。

 

そんな町が2016年に大ヒットした映画「君の名は。」のヒロイン三葉が暮らす田舎町としてモデルになって話題。巡礼らしき、観光客もチラホラ。

 

地元のお蕎麦屋さん「なかや」さんも、聖地巡礼にあやかってか「君のそば。」なるダジャレ蕎麦を出していた。

 

あまり飛騨古川と同様、この地は蕎麦はあまり知られていないような気はするが、美味しそうなお蕎麦屋さんが多い気がした。

近くの荘川や飛騨数河で栽培された蕎麦粉を使ったお店が多い。産地で食べる、おそば。いいね!

 f:id:fu-kung:20170730141321j:image

「蕎麦正なかや」さん、マックスで10〜15人程度しか入れなそうな小さなお店。田舎らしい店内で、注文した蕎麦が到着するのが待ち遠しい。

 

私が頼んだのは、「君のそば。」期間限定??メニュー。

 

意外にもスタイリッシュな細い麺に、半熟卵と結んだ三つ葉に、赤い編紐を意識したか細く切った赤カブがのった ぶっかけそば。

荘川から取り寄せた蕎麦粉の風味がしっかりしてコシが強い。細い蕎麦が束になった口に入り、とても満足感の得られるお味。酒所という事で、地元のお酒「蓬莱」と呑んで、ほろ酔いで飛騨古川の町を散策っていうのもよいかなと。

f:id:fu-kung:20170730141704p:plain